ハンドメイドACpoweredby村上光税理士事務所
ホーム
ご挨拶
事業内容
お知らせ
アクセス
お問い合わせ

事業内容

皆さまの企業に於いて会計事務所とはどんな存在でしょうか?
税金の計算をする外注者ですか?ご相談相手になっていますか?
企業の決算書は、税務署や銀行さんからランク付けされています。
然し乍ら残念な事に、私どもが新規の企業会計の立ち上げ時に拝見した決算書や申告書の約半分にミスがあり、信頼性の薄い決算書だったのです。
私どもは、私どもが関わる以上、銀行さんから文句の言われない信頼性の高い決算書をご提供すべきだ、と信じています。
CMで40日決算を掲げる会計事務所もありますが、その事務所の先生方が事務所のミスによる修正申告が非常に多い、と嘆いています。
私どもでは、私どもの損得勘定を抜きに、
私どもの頂戴する報酬と見合わなくても、少々お時間を余計に頂戴しても、フルチェックを行います。
それはなぜか?…皆さまにとって、銀行さんからの信頼が何より、と信じているからです。
伝票チェックフルチェック
フルチェックから生まれるもの
会計のフルチェックは、経理担当者や会計事務所の負荷が大きいと思われますが、企業内の信頼出来るデータを最大限に活用することにより、結果的に経理も私どものフルチェックもスピードアップし、信頼性の高い正確な数字となります。
経営者の皆さまに於いては、これらの数字を利用して幹部会議や取締役会を開催する事が出来ますし、経営計画の策定や決算検討会に利用する事も可能となります。
結果として、これらの経営姿勢が銀行さんへの信頼性を高めることとなり、フルチェックをしない会計にはもう戻れない、という好循環を生むのです。
私どもの事業内容は…
【1】会計のフルチェック
【2】データインポートシステム
【3】税務のフルチェック
【4】給与のフルチェック
【5】保険のフルチェック です。

会計のフルチェックは、ご紹介しました通りです。
データインポート&エクスポートシステムとは、負荷のかかる経理担当者をサポートするため、企業で一番信頼の於ける請求システムのデータを会計システムに自動的に取り込むインターフェイスです。
企業でご利用の販売管理システムからデータを取り出し、部門会計や管理会計として利用出来るようアクセスデータベース上で会計情報に変換するシステムで す。完全なるデータのインポート&エクスポートにより、売掛金や買掛金は総額チェックや残高チェックで完全照合され正確な数字を反映するとともに、経理担当者は二重入力から解放されるだけでなく、よ り経営者の期待する業務に多くの時間を費やす事が可能となります。
税務・給与・保険のフルチェックは、そのものズバリ、経営者のご期待にお応えする専門性の高いチェック項目です。
特に保険フルチェックには、皆さまのご存じない最高裁判決で合法となったお墨付きの保険があります。節税とか脱税とは無縁の安心をお届けします。
皆さまはどんなセミナーにご参加されますか?
経営?節税?事業承継?相続贈与?
安倍総理が平成26年末に消費税増税解散を宣した際「政治は税と共に或る」という名言を残しましたが
経営も税と共に或る」のです。
皆さまからのご質問が特に多いのが「何が経費で何が税金対象か?」というものです。例えて申し上げるならば、銀行返済額のうち利息部分だけが経費で、経営者の皆さまが個人的に使用するものやご家族との飲食などは、法人税及び所得税の両方の税金対象となります。
特に事業に関係のない方とのゴルフやその往復の交通費は、交際費にも該当せず、経営者に対する臨時的給与と解釈されます。これが税法です。
会計事務所が交際費として処理してくれない、のではなく、税法の解釈に適合した資金の使い方をマスターして頂くのが経営者の道です。
経営者を真似て、
従業員がご家族とのゴルフ費用を精算しませんよね。
私どもは税理士という立場上、節税や脱税を幇助することはありませんが、合法的な税金が少なくなる方法をご案内することは可能です。
その合法的手法の一つが、私どもの取り扱う特殊な保険です。
セミナー
オリコンタービレ社アークコム社小林社労士高橋弁護士山内司法書士エスmarine社
私どもの事業を支えてくださる各種の先生方です。
システム、社労士、弁護士、司法書士など、どの先生も経営そのものをサポートしてくださいます。
経営者は孤独、と言われますが、真の相談相手はここにいらっしゃいますよ。